2013年06月12日

レシーライフルフロント分解(解体)!!

皆さん超お久しぶりです!!
きょーへーです(・∀・)
皆さん元気にお過ごしでしょうか?
俺はちゃんと元気に生きてますよ(笑)

最後に書いた記事が特区への遠征ですので、
約3ヶ月振りになります(゚д゚lll)ナ、ナンダッテー
さて、私事は置いといて本題に入りましょう!!

今回の主役↓


以前の記事でお披露目したNewカスタムレシーライフルですが、
明らかに市販されているレシーライフルと形が違いますね。
・・・そうです。フロントのレールが別のモノに換装されてます!

ちなみに最初のカスタムはコチラ


このカスタムも気に入っていたのですが、違うレールが気になってしょうがなかったため
思い切ってフロントを分解し、換装することにしました(´∀`)
この記事は解体して分かったことを記していきたいと思います。

ここで問題になってくるのが、解体してから4ヶ月経っているため、
記憶があやふやな部分もあるということです。
出来る限り思い出して、皆様に有益な情報を提供するよう努めますので、
よろしくお願い致しますm(__)m

それでは本編行ってみよ~ε===(っ≧ω≦)っ



まずは、解体するためにアッパーを用意します。
ちなみに、今回の解体にはグラインダーを使用しています。
文字通り解体です(笑)



これを万力に挟みしっかり固定します。
(なんてシュールな光景でしょう・・・)



最初は元所有者であるしげもんに箸頭ならぬグラインダー頭をお願いしました。
かなり名残惜しそうにしていましたが、無事終了(笑)



そして現所有者のきょーへーにチェンジ!
何の躊躇いもなくグラインダーを入れていきます(笑)



真っ二つ☆
ちょっと切断する部分がフロントよりだったためパーツが見えませんでした。
さらにレシーバー側を切断すると、ハンドガードを固定しているパーツが見えました!





このリングのパーツが分解する上で最重要パーツになってきます!
これを取らない限り、レシーライフルのフロントを分解することは出来ません(>_<)

このパーツを取るためには、URX等を取り付けるのに使うインストールツールのような道具を、
レシーライフルのハンドガードの内径に合わせて自作するしかありません。

また、このパーツはネジロックが大量に塗布されているため、
外す際はドライヤー等で熱しないとなかなか外れないでしょう。



しかし、先ほどのパーツを外せば、あとは解説とか無くてもすんなり分解できると思います。



ネジを外すと二つのパーツに分解できます↓


フロント周りのパーツ↓


分解(解体)して分かったこと↓
・アッパーレシーバー側のネジ山が他の次世代M4より若干短い。
(しかし、ハンドガードを組む上でそこまで影響は無し)
・バレルベースがU型でなくO型。
(アウターバレルを変える場合、U型のバレルベースを準備する必要有り)

ちなみに私は、それ行けプランクトンズ!様のコチラの記事を参考にしました。
合わせて見て頂くと、フロント周りの構造が分かると思います。

さて、フロント分解の記事はこれにて終了です!
最後の方は省略しているように見えますが、
特別書く事がないくらい普通に分解できたと記憶しています(*´ω`*)
もしかしたら解体したが故に分解しやすかったのかもしれませんが・・・

生まれ変わったNewレシーライフルはまた後日に紹介します♪
それではまた( ´・ω・`)ノ~バイバイ








同じカテゴリー(カスタム AEG)の記事画像
AK104 UltiMAKカスタム
Newレシーライフルカスタム完成♪
次世代M4 URX4 13inch カスタム♪ 
VFC SR15E3 カスタム♪♪
PTS製MASADAカスタム!
次世代M4 SOCOMカスタム♪
同じカテゴリー(カスタム AEG)の記事
 AK104 UltiMAKカスタム (2015-01-19 14:12)
 Newレシーライフルカスタム完成♪ (2014-04-20 17:42)
 次世代M4 URX4 13inch カスタム♪  (2014-01-13 15:33)
 VFC SR15E3 カスタム♪♪ (2013-06-30 09:17)
 PTS製MASADAカスタム! (2013-06-25 05:00)
 次世代M4 SOCOMカスタム♪ (2013-06-23 15:16)

Posted by チームおれんじ  at 05:00 │Comments(9)カスタム AEG

この記事へのコメント
ガチ解体しちゃうくらい入れ込める銃...羨ましいね...

別にM4がほしいわけじゃないんだからね?
Posted by アルファ at 2013年06月12日 05:30
ぐああ…またM4欲しい病がぁ…w

ガレージで改造楽しそうですね‼
Posted by パルム at 2013年06月12日 09:52
まぁ結局M4に回帰してしまった笑
実際ゲームで使いやすいよね。
Posted by ヤニ at 2013年06月12日 15:21
>>アルファさん
M4良いよ~(´∀`)
1回買ってみましょう(笑)
パーツ構成考えるの楽しいですよ♪

>>パルム
欲しいなら買っちゃおうぜ!!
リア加工&解体とパーツ取り付けで6時間ぐらいかかったよ(;´д`)

>>ヤニさん
俺がいない間にM4買ってましたね(笑)
セーフティ管理がしやすいのが気に入ってます♪
Posted by きょーへー at 2013年06月12日 16:07
はじめまして。
羨ましいです。私も、M4欲しいんですがいろいろ教えて欲しいです。
是非、力を貸してください。
Posted by マブダチ at 2013年07月10日 22:38
>>マブダチさん
初めまして!
チームおれんじのブログへようこそ(´∀`)

私達に分かることであればお教えしますので、
お気軽にお聞きください♪
Posted by きょーへー at 2013年07月10日 23:37
はじめまして!
装備から銃のカスタムまでいつもお手本にさせてもらってます!

このたびレシーのハンドガードをIRON製のURX4に交換予定ですが、レシーのアウターバレルはバレルベースがO型とのことなのでU型のアウターバレルを使用しないと固定は難しいでしょうか?
Posted by ハードタックル at 2015年01月15日 12:05
>>ハードタックルさん
初めまして!
チームおれんじのブログへようこそ(´∀`)

質問の件に入りますね。結論から言いますと、
URX4を購入し、試しにレシーのアウターバレルとバレルベースで組み込む。

組み込めなかった場合は、好みの長さのU型のアウターバレル&U型のバレルベースを購入して組み込む。

この流れが1番無駄な出費が抑えられるのではないかと思います。

レシーのアウターバレルを再利用するということであれば、
レシーのバレルベースをそのまま再利用すれば固定することはできます。

しかしここで問題になってくるのが、
レシーのバレルベースを利用した際に、
URX4が取り付けられない可能性があるということです。

しかし、絶対取り付けられないとも言い切れないので、
上記の流れで用意していくと無駄な買い物が減るかとは思います。
あ、調整用のシムは用意した方が良いです。

ちなみに私はレシーのアウターバレル&O型バレルベースから
次世代SOCOMの14.5インチアウターバレル&U型バレルベース
に変更致しました。ガタもなく今のところ問題ないですね。

回答は以上になりますが、またお聞きしたいことがありましたら
お気軽にお尋ねください(`・ω・´)b
Posted by きょーへー at 2015年01月16日 14:56
この記事でグラインダーが出てきたあたりから意識が危なくなってきたものです。
レールぶった切るのはさすがにびっくりしました。専用ツールに投資したくないのは分かりますが、失神ものでしょうね...
自分は塩ビ管を加工して取外しましたが、関心しました
Posted by s at 2015年08月01日 23:57
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。